人前で話すのが苦手な私が話せるようになれた3つの方法

人前で話すのが苦手な私が話せるようにでなれた3つの方法
LINE@藍

シンガーソングライター藍(@aipo22)です\(^o^)/

多くの人の前に立って話す場面って人生の中でそう何回もあるわけじゃないですよね。
私も、シンガーソングライター以外にもおかげさまでラジオや地元のケーブルテレビなどで人前で話すことが多くなりました。
そんな私も、何を話したら良いのかわからなくて手のひらに話すことをペンで書いたりしていました(笑)

「歌う」ってだけならそこまで考えなくても良いんですけど、話さないと私の緊張がみんなに移ってしまいますからね。
イベントで一緒に出演させていただいているアーティストの方にもよくMCでよく話せるね!など褒めていただくこともあるんですが
最初から話せたわけじゃないです!(笑)

私も、色々自分自身の失敗を積み重ねて頑張って話すようにしています♪

完璧に話せるわけではないですが、できるだけ緊張が伝わらないように話すように気をつけていることがどこかの誰かの役に立つかも知れないのでいくつかポイントを挙げてみたいと思います!

1.緊張は「チャンス!」と思う。

緊張するというのは、戦闘態勢に入っていて、能力が研ぎ澄まされた状態になっているというのを聞きました。

緊張=いいパフォーマンスができる

そう考えると、「歌うぞ!」と思えるようになりました♡

2.台本をつくる

台本といってもそこまで難しいことはできないので簡単なものでいいと思います。

歌の練習は毎日しているけどMCはそこまで練習しないんですよね。
だから私の場合は、

「このことは伝えないと行けないなー」

というところは、普段使っているiPhoneのメモ帳に話す内容を書いています。

そして、できるだけ話す内容をまるごと覚えるようにしていました。

3.お客さんは反応がなくても聞いている

雰囲気を明るくするために笑ってもらおうかな?とか考えながらMCをするんですが、笑ってくれない・・・
そんな場面が必ずあります。

でも、聞きに来てくださった方は反応をしていなくても耳で聞いてくださっています。後から、面白かったね!と言われることも有ります。
その場では反応がなくても全く気にしなくていいんだなーと気づけたことは大きな一歩を踏み出せた気がしました(笑)

まとめ

ここまで書いてきて、これが正しい!とは言えませんが私が気をつけているポイントです。
あとは、パフォーマンスが終わったらお客さんと積極的にお話をしに行くようにしていました。
私のパフォーマンスに対して色んな感想が聞けてそれが次の改善ポイントになるんじゃないのかな?と勉強させていただいています♡

その会話の中からMCで話す内容を少しずつ変えながら改善して話すようにしています!

以上シンガーソングライター藍(@aipo22)でした\(^o^)/

お友達追加してね♡

友だち追加数
人前で話すのが苦手な私が話せるようにでなれた3つの方法
LINE@藍